• ニュースフラッシュ
  • インタビュー
  • 製品情報
  • 包装関連主要企業
  • 包装未来宣言2020

2019年5月号

食えないパッケージ

 人や微生物にとって「食べられる」といっても、つまり体内で分解され、吸収されても無害ということだが、じゃあ「食べるか?」といえば、旨くなければムリには食べまい。ムリに食べられるようにするより、食えないモノは食えない役割といったものがある。パッケージは本来食えないものなのだ。

雑誌の詳細を見る
雑誌の定期購読を申し込む

今月のインタビュー

一覧を見る

短い一生と生身のつき合いから表われてくるパッケージ

 新聞に載っていた、新元号が「令和」と決定したことに寄せての日本文学研究者のロバート・キャンベル氏のコメントが非常に興味深い・・・

共同紙工株式会社
株式会社細川洋行
株式会社コマック
竹本容器株式会社
山崎産業株式会社
不双産業株式会社
光洋自動機株式会社
株式会社モリコー